PDFに簡単に画像を入れる方法

ネットビジネスD運営者の龍一です!

今回は、PDFに簡単に画像を入れる方法の紹介です。

PDFファイルを作って、文字サイズやフォントを変えたり
表を入れても、どこかで画像を入れたくなってきます。

ですが、意外に難しい方法や、めんどうな手順で
入れている方も多いようですので

Windowsに標準搭載されているワードパッド(WordPad)
使って、かんたんにPDF内に画像を入れ込む方法を紹介します。

 ワードパッド(WordPad)とは?

ワードパッドとは、Windowsに標準で搭載されているソフトで
Wordとは違って無料で使えるため、Windowsのパソコンを
持っていれば、入っているソフトになります。

「メモ帳」よりも多機能で、文字サイズや、文字のカラー
フォントを変えたり、文字背景のカラーを選べたり
記事装飾が手軽にできます。

「Word」よりは、機能は少ないですけども
無料で手軽に使えますので、是非活用して行きましょう。

 ワードパッド(WordPad)の機能は?

ワードパッドで、何が出来るのかを簡単に紹介して置きます。

  • フォント文字の変更
  • 文字の拡大と縮小
  • 文字カラーの変更
  • 文字の背景色の変更
  • 太字や斜体などの文字装飾
  • 写真や図などの画像挿入
  • 表などのオブジェクトの挿入
  • 印刷

などが、出来るのでメモ帳よりは、このワードプレスにも近い
記事作成が可能です。

 ワードパッド(WordPad)のある場所?

ワードパッド(WordPad)なんて、見たこと無い?と
言う方も居るかもしれません?(^^:

よく使う方は、デスクトップアイコンなどを設置して
起動してると思いますが、まず最初?に
起動する方法・探し方を記載しておきます。

方法1
まず、デスクトップの「スタートメニュー」(Windowsアイコン)を
右クリックします。

次に「すべてのプログラム」もしくは
*プログラムと機能」上画をクリックします。
*その中にワードパッド(WordPad)が在れば
 クリックして起動します。

「アクセサリ」をクリックします。

その中に「ワードパッド」がありますので

「ワードパッド」をクリックして起動する事が出来ます。

方法2
まず「スタートメニュー」(Windowsのアイコン)を
右クリックします。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。

名前の中に「wordpad」と入力 (コピペ)して 「OK」
クリックして起動します。

その2つで発見出来るはずですが、実行ファイルの場所を
以下に記載しておきます。

C:\Program Files\Windows NT\Accessories
C:\Program Files (x86)\Windows NT\Accessories

「Program Files (x86)」と「Program Files」は
OSのビット数が、32ビット64ビットかの違いです。

 ワードパッド(WordPad)の基本的な使い方 

文字や記事などは、下画のようにワードプレスと略同じですので略します。

・保存方法・形式について。
保存する場合は「左上の青いボタン」>
「名前を付けて保存」でOKの場合と

「名前を付けて保存」の後で「リッチテキストドキュメント」などの
形式を聴いてくる場合があります。
「リッチテキストドキュメント」で、OKだと思いますが
それぞれの好みや必要に応じて選択枠から選んでください。

形式は「.rtf」になります。

・ファイルを開く

保存したファイルを直接ダブルクリックで
通常は開くことができますが、まれに上手く開かない場合は
ワードパッド(WordPad)ソフトを起動してから
ファイルを開くから選択して開くと開けます。

 ワードパッド(WordPad)で画像を入れる。

ワードパッド(WordPad)の上のメニューの右の方に
画像を挿入する「ボタン」があります。

記事の入れたい場所にカーソルを設定して
「画像」ボタンをクリックします。

開きたい画像ファイルを選択して「開く▼」を
クリックで、以下のようにPDF内の文字の中に
画像が入りました。

画像サイズの変更も、挿入後に画像を左クリックして
(画像周辺に8つの黒い四角(■)が表示された状態で
縮小・拡大が可能です。

シスト・キーを押しながら行うと等倍に変更でき
押さずに行うと、縦横自由に変更可能です。

または、画像を右クリック >「画像のサイズ変更(R)」
から、縦と横のアスペクト比率を保ったままの場合は
「縦横比を固定する(L)」のチェックを入れて行うと
綺麗に画像を拡大・縮小したり数字で出来ます。

また「縦横比を固定する(L)」のチェックを外すと
水平方向と垂直方向が連動せずに数値入力できます。

 画像を混入しpdfファイルとして作成する。

画像を混入した「.rtf」ファイルを
pdfファイルに変換する方法は、前に解説した方法が簡単で
お薦めですので、下の解説ページを参考に出力してみてください。

 CubePDF(PDF化)

上のページの方法で、変換できたら完了です。

つまり、ワードパッド(WordPad)で、画像を入れて
CubePDFで、出力したら簡単にきれいに
自在にPDFファイルに画像を混入できます。

最初は少し戸惑うかもしれませんが
何度か行うと、簡単だと実感できるはずです。