バックアップ簡単UpdraftPlus使用法

ネットビジネスD運営者の龍一です!

今回は、WordPressプラグインの「UpdraftPlus」
の使用方法の紹介です。

 バックアップ 

WordPressを利用してブログを運営する上で
ブログサイトデータのバックアップは必須です。

人為的な操作間違いでデータを削除してしまった!!とか
何らかの原因の障害が発生して消えてしまった!!!などの時に
サイトデータを元に戻せるようにしておく必要があります。

UpdraftPlusは、無料版は機能制限はありますが
無料版でも充分すぎるほど役に立ちますので
便利なプラグインなので、インストールして
バックアップしておきましょう。

 UpdraftPlusとは? 

Webサイトが丸ごと簡単にバックアップできます。

データベース、プラグイン、テーマ、アップロードファイルなど
Webサイトも、全部バックアップできます。

 

ファイルを誤って消してしまった!!!

WordPlessを改ざんされてしまった!!!

再インストールしなければ!

なんて時に、このプラグインでバックアップがとってあると
あまり詳しいPCの知識がない方でも、簡単に復元することが
できます。

 バックアップの成功率は? 

バックアップはプラグイン、テーマなどを一つのzipファイルなどに
圧縮するタイプが多いので、データ量がとても大きくなり
バックアップの過程やファイル転送の過程でタイムアウトして
失敗する事がよくありますけども・・・

UpdraftPlusではデータベース、プラグイン、テーマ、
アップロードファイルをそれぞれ別のzipで圧縮するので
タイムアウトなどで処理が失敗する確率も他に比べると低い%です。

UpdraftPlusは、バックアップと復元をワンセット
簡単にしてくれる最も優れたプラグインとして
海外でもズバ抜けた No.1 のプラグインとして使用されています。

 バックアップ&復元が個別でも可能。

UpdraftPlusでは、バックアップデータがデータベース
プラグイン、テーマ、アップロードファイルに
それぞれ分かれているので、データベースの中身だけとか
テーマファイルだけをデータから復元する事ができます。

保存日から、更新が進んでる部分以外だけを
復元したい時には有効です。

 保存先が選べる。

DropboxやGoogleドライブなど、下の画のように様々な
オンラインストレージサービス保存先を選択可能です。

ダッシュボード>設定>UpdraftPlus Backup/Restoreの中に
「設定」タブの中に、上のような画面のアイコンの項目が在ります。

ただし推奨としては、手動でコンピュータにコピーする
予定がない限りこれは推奨されませんと記載されています。

 日本語化 

UpdraftPlusのほとんどは日本語に翻訳されているので
他の海外ソフトなどよりも、わかりやす使いやすくなっています。

 バックアップ状態 

バックアップのログが出るので、失敗をしていても
解りますし、一目でわかります。

バックアップが完了できていれば上のように
「設定」ページの画面にバックアップ済み(数・日時)表示されます。

 UpdraftPlusをインストール 

では、早速「UpdraftPlus」をインストールして行きましょう。
ダッシュボードのプラグインの検索窓下の文字をコピペしてください。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

互換性ありを確認して「インストール」から「有効化」してください。

有効化したら、プラグインのUpdraftPlus Backupsの
設定画面(↓)に行きます。

特に何も変更しなくてもOKなので
「今すぐバックアップ」をクリックします。

作成中~少し待ちます

以上でバックアップは完了です。

サーバー全体のリスクを避けるため、常にリモートの
クラウドストレージに、バックアップしてください。
UpdraftPlusには、Dropbox、Googleドライブ、
Amazon S3、Rackspaceなどが無料で含まれています。

 復元の手順 

バックアップデータがあったとしても、サイトの復元ができないと
結局は「時間・お金・信頼」や、何より大事なデータを失う事になります。

また、セキュリティの面から考えても、全データを
外部の会社に引き渡すことになる委託するタイプは
ベストではありません。
何故ならバックアップデータ内に、データベース接続用の
パスワードやユーザー情報などが含まれている事を意味します。

ですが、 UpdraftPlus復元も簡単です。

設定画面の中に下の画像のような項目があります。
保存年月日の欄(保存日)の右に「復元」のボタンがありますので

データベースやプラグインなど個別で復元することもできますけども
一括で選択して復元できるので、何も設定せず「復元」をクリックで
保存日のデータが復元されます。

以上で「UPdraftPlus」を使用したバックアップ
復元の簡単な方法の解説でした。